ホームインスペクション(住宅診断)について

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、中古住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行なう専門業務です。

2016年5月、宅地建物取引業法改正案が国会で成立しました。これにより、2018年4月1日から中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化されることになりました。

▶詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です