不動産購入の流れ

不動産といっても、土地、建物、事業用、収益物件などいろいろございますが、ここでは住宅購入を例に、失敗しない為の不動産購入の流れをご案内します。詳しくは各見出しをクリックしてください。

 

step 1 ご要望を整理する

住みたい地域、交通利便性、生活利便性、住宅の部屋数、学区、ご入居希望など希望条件を整理しましょう。

 

 

step 2 ご予算を決める

分譲住宅を購入する場合、販売価格以外に諸費用、税金、物件によっては照明器具、カーテン工事、エアコン取り付け費用などが必要になりますので、必ず総予算を決めておきましょう。
【総予算】=【物件価格】+【諸費用・税金・その他】(物件価格×約6%~9%)

 

 

step 3 物件を探す

インターネット検索や折込みチラシなどから、お近くの物件を見学したり、住宅展示場へ出向き、希望条件に合う物件を探します。

 

 

step 4 具体的な打合せ

実際の物件をいくつか見学したのち、気に入った物件がありましたら、不動産会社の営業担当者と具体的な打合せを行います。
物件価格以外の諸費用や税金、その他の費用はいくらかかるか?また、住宅ローンはどこの銀行が良いのか?、借入額や返済額はどれだけなのか?などわからないことは遠慮なく質問しましょう。

 

 

step 5 買付証明書発行

物件価格以外の諸費用や、税金なども含めた資金計画書を共に、自己資金額、住宅ローン、毎月返済額などご納得いただいた場合、買付証明書を発行していただきます。買付証明書の有効期間は7日間となります。当社では申込み金などは不要です。

 

 

step 6 住宅ローン事前審査

住宅ローン本申込の前に、事前審査を行います。通常3日~5日程度で審査結果がでます。事前審査の申込には、銀行所定の申込書、源泉徴収票、健康保険証、運転免許証などが必要です。申込む銀行によって様々ですが、一般的に事前審査には住民票、印鑑証明書、実印は不要です。印鑑は認印で構いません。

 

 

step 7 重要事項説明を受ける

住宅ローン事前審査に合格しましたら、宅地建物取引士から、購入物件に関する重要事項の説明を受けます。

 

 

step 8 売買契約の締結

重要事項説明の内容をご確認してご納得できたら、売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の5%~10%程度の手付金(契約金)と諸費用相当額を支払います。諸費用につきましては、いったんお預かりをさせて頂き、物件お引渡し後、実費清算させていただきます。

 

 

step 9 住宅ローン本申込み

売買契約書(写し)、重要事項説明書(写し)、印鑑証明書、実印などをもって、住宅ローンの本申込を行います。通常、住宅ローン事前審査に合格されてる場合、正式な融資決定は約10日程で承認となります。

 

 

step10 金銭消費貸借契約

お金を下す手続きの事を、「金銭消費貸借契約」と言います。この契約後、1日~2日程度で住宅ローンが実行されますますので、引渡し日までに自己資金の残金がある場合、不動産会社へ振込を済ませておきます。

 

 

step11 お引渡しとご入居

残金のお支払いと同時に、物件のお引渡しを受けます。引渡しには玄関カギと、保証書などが発行されます。ご入居に先立ち、電話、インターネット回線、テレビアンテナ、などお客様自身で手配する工事を済ませ、お引越しとなります。